社長のつぶやき

毎年のことですが、この時期は新しい墓石や基礎のデザイン等を考えて形にするのですが、連日ない知恵を絞っています。展示場の社員の意見や工場の社員の意見を聞き、デザイン化して実行するか検討します。

この辺りでは最近、和型より洋型が人気になりつつありますが、都会では洋型主流から近年、和型がまた見直されてきているようだと聞きます。
須坂市営の新しい霊園は洋型も多く建立されるようになりました。お墓への考え方も変わってきているのか、昨今の洋型墓石はデザイン重視で自由になりすぎている様に思えてなりません。奇抜なデザインでこれがお墓なの?と考えさせられてしまい、自分の頭が古くてついていけないのかと悩んでしまいます。

というわけで、今年の新作の洋型はあまり凝ったものではなくシンプルさを前面に出していきたいと考えています。