洋型インド産墓石建立(須坂市寺院)

001 (4)_1

須坂市内寺院墓地に洋型墓石を建立させていただきました。

【墓石情報】
石塔:インド産アーバングレー、黒御影石
基礎:中国産白御影石
広さ:間口 約2.15M×奥行 約1.82M

 

元々の墓石や基礎は安山岩系の石の為、風化や痛みがあり新しい墓石を建立することになりました。
お施主様に積極的に図面作りに参加していただき、ご希望を多く取り入れることが出来ました

001 (2)_1
施工前

 

010_1
墓石を解体、お骨上げします。

 

021_1床掘り転圧

 

001 - コピー_1型枠・鉄筋配筋しコンクリートを打ちます

 

007 (3)_1
基礎石をモルタル、耐震ボンドで据付

 

009 (2)_1
ズレ防止の金具で留めます
納骨室は割り肌仕上げにし、ご先祖様の入る部分にもこだわりました

 

001 (3)_1

006 (2)_1石塔建上
耐震ポール・免震パット施工
001 (4)_1

完成です

 

三種類の石を組み合わせてもバランスが悪くなることも無く、とても満足いく仕上がりになりました(自画自賛ともいいます(笑))

寺墓地などで区画がない場合は、お寺様と立会いしていただきましょう。

ご不明な点などございましたら、お気軽にご相談ください。